検索

投稿日:2024.01.26

食物栄養学科学生2名が「栄養士実力認定試験」で成績優秀者と成績優良者として実力認定されました

一般社団法人全国栄養士養成施設協会が主催する「栄養士実力認定試験」において、食物栄養学科の学生2名が、それぞれ成績優秀者と成績優良者という好成績をおさめました。

この試験は、栄養士の資質向上と質の均一化を図るとともに、各養成施設の教育に資することを目的として実施されているもので、就職先の拡大や技術的評価の向上も目指しています。試験の得点率90点以上かつ全体の1%未満を成績優秀者、得点率85点以上かつ全体の5%(除く優秀者)を成績優良者として、表彰状と記念品が授与されます。

本試験の受験者は栄養士や管理栄養士を目指す(または有資格の)全国養成施設の在学生や卒業生等で、今年度受験者数は8,500人以上でした。本学食物栄養学科では毎年2年生が受験しています。

そんな中、全国の上位3番目という高得点で成績優秀者として食物栄養学科2年の西澤大樹さんが、また、高い得点率で成績優良者として食物栄養学科2年の比内美波さんが、栄養士としての実力の高さを認定されました。

 

西澤さんは栄養士として病院への就職が内定しており、職業経験を積んで国家資格の管理栄養士になることを目指しています。また、国際栄養士を目指す比内さんは、この試験と同時期に専門フードスペシャリスト資格取得試験もあり、資格取得目指しての勉強が高得点に結びついたのではと振り返ります。

この栄養士実力認定の結果を受け、これからも自信をもって将来の目標に向けて頑張ってください。


Instagram

ページ上部に戻る