検索

教育目標

食物栄養学科では、短期大学全体のディプロマ・ポリシーを念頭に、栄養士は「栄養学に関する知識や技能をツールとして社会の発展(人びとの健康の維持・増進)に貢献する専門的職業人である」ととらえ、「根拠に基づきながらも対象者によりそった栄養の指導と給食の提供をできる栄養士」の育成することを目標とします。
この栄養士像を達成するためには、栄養の指導や給食の運営、栄養や健康に関する知識や技能だけでなく、関連領域である現代社会の状況・人体の構造や機能・食品素材などに対する幅広い知識や技能も不可欠です。これらの知識や技能を体系的に組み合わせて、食べ物と人体・社会との相互の関係性を深く考えることにより、根拠に基づいた科学的な判断を下すことができるようになります。
一方、対象者によりそうためには、豊かな人間性を身につけることが欠かせません。大学生活のさまざまな場面で多様な価値観に触れ、幅広く教養を学ぶ機会を提供し、豊かな人間性の形成を支援します。
「根拠に基づきながらも対象者によりそった栄養の指導と給食の提供をできる栄養士」の育成を実現するために、以下のように「ディプロマ・ポリシー(学修成果)」および「カリキュラム・ポリシー」を定めます。

 食物栄養学科では、短期大学全体のディプロマ・ポリシーを念頭に、栄養士は「栄養学に関する知識や技能をツールとして社会の発展(人びとの健康の維持・増進)に貢献する専門的職業人である」ととらえ、「根拠に基づきながらも対象者によりそった栄養の指導と給食の提供をできる栄養士」の育成することを目標とします。
大学生活のさまざまな場面で多様な価値観に触れ、幅広く教養を学ぶ機会を提供し、豊かな人間性の形成を支援します。「根拠に基づきながらも対象者によりそった栄養の指導と給食の提供をできる栄養士」の育成を実現するために、以下のように「ディプロマ・ポリシー(学修成果)」および「カリキュラム・ポリシー」を定めます。

Instagram

ページ上部に戻る