特長

特長

幼児保育学科 教育目標

幼児保育学科では、建学の精神「愛あれ、知恵あれ、真実あれ」に基づき、短期大学士(幼児保育学)の学位に相応しい知識・技術・品格を備え、優しや思いやりを持ち、他者と支え合う社会の形成に貢献できる人間を育成します。これらに加え、幼児教育や児童福祉に関する専門知識・技術・態度・実践力を養い、子どもの尊重と子どもの育ちを支えることができる保育者をめざします。さらに学生一人ひとりが得意分野をもった保育士・幼稚園教諭をめざすことを推奨します。

育てる人物像

教育目標に基づき、学位授与に相応しい人物像および免許・資格取得に相応しい人物像を次のように定めます。

(1)学位取得(卒業)にかかわる項目
[態度・志向]
① 社会の一員として、社会の発展のために大学で学んだことを積極的に活用する態度を身につけている。
② 主体的に判断・行動し、よりよい人間関係や社会を築くための基本的な態度を身につけている。
③ 創造性や表現力、豊かな感性を持ち、意欲的な態度で行動できる。
[知識・理解]
④ 歴史・文化・社会・自然に関する知識を深め、実社会に活用できる。
⑤ 教育や福祉の歴史・思想・制度や子どもの発達特性について理解できる。
⑥ 子どもの発達理解に立った基本的な計画や環境構成を設定することができる。
⑦ 教科や保育の表現に関する基本的な知識と技術を有している。
[技能・伝達]
⑧ 日常及び職業生活にわたって必要とされる技能(情報収集・分析・評価の能力、数量的スキル、論理的思考力)を適切に活用できる。
⑨ 教育・福祉に関する基本的な指導・援助・相談を有している。
⑩ 自らの考えを明確に表現し、他者と適切にコミュニケーションすることができる。
[総合・統合>
⑨ 獲得した知識・技術・態度等を総合的に活用し、新たな課題を自ら立て、解決する方法を示すことができる。

(2)免許・資格取得にかかわる項目
[保育士免許]
◇保育に関する知識・技術を展開・応用できる実践力を身につけている。
[幼稚園教諭二種免許]
◇子どもの発達や学びの連続性をふまえた指導計画と保育活動実践ができる能力を身につけている。
[レクリエーションインストラクター]
◇レクリエーションに関すると実技を習得し、レクリエーション指導と運営ができる。
[社会福祉主事任用資格]
◇社会福祉の制度を理解し、相談・指導・援助の基礎的知識を身につけている。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

幼児保育学科に2年以上在学し、学科授業科目より総合教育科目12単位以上、専門科目50単位以上を含み70単位以上を修得した者は育てる人物像の学位取得にかかわる項目を満たした者として、短期大学士(幼児保育学)の学位を授与します。

免許・資格取得の要件

学位授与の方針を満たしたうえで、それぞれの教育課程に定める科目の所定の単位を取得した者には、免許・資格ごとの育てる人物像を獲得した者として、該当する免許・資格の授与あるいは申請に必要な証明書を発行します。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

幼児保育学科では、ディプロマポリシーおよび免許・資格取得の要件に基づき、カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)を次のように定めます。

(1)教育課程編成の方針
総合教育科目、専門教育科目を設定し、それぞれが有機的に連携し、系統的に学修できるようにカリキュラムを編成します。
総合教育科目は、グローバル社会、情報社会に適応できる基本的な態度や基礎的な技術、また幅広い知識や心の豊かさを身につけるため、コモンベーシックスとして「外国語」、「情報処理」、および「キャリア設計」の3つの領域、教養科目として「人間の理解」、「現代社会と国際理解」、および「科学技術と環境の理解」の3つの領域を設置します。
専門教育科目は保育士課程、幼稚園教諭第二種課程の他、保育現場におけるスキルアップ・キャリアアップ資格として、社会福祉主事任用資格課程、レクリエーション・インストラクター課程に関する科目を置き、また自ら課題を立て解決にあたり、説得する能力を身につけるために、卒業研究に関する科目を設置します。

(2)教育課程実施の方針

  1. 身体表現・音楽・造形の各分野の教員連携により、幅広い実践力を養う教育
  2. ロールプレイングを通じ、保育者に欠かせない援助技術を養う教育
  3. 「振り返り」を重視し、洞察力や判断力を養う教育
  4. 論理的思考やプレゼンテーション力を養う教育
  5. 自らが考え判断し、「学び」に対する意欲を最大限に引き出す教育

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

幼児教育学科は、育てる人物像を獲得した卒業生を社会に輩出するために、次のアドミッションポリシーに示した能力を有する者、あるいは今後それが期待できる者を入学者として受け入れます。

  1. 幼児保育学科の教育内容を適切に理解し、学ぶ意欲のある人
  2. 広く子どもに関する関心が高く、幼児教育の重要性を認識できる人
  3. 保育者に必要な創造力や感性をさらに豊かにするために努力できる人
  4. コミュニケーション力や協調性が高く、責任ある行動のとれる人
  5. 社会福祉(介護福祉を含む)分野にも広く興味・関心を示し、向学心が旺盛な人

※試験区分ごとの入学者受け入れの方針は別途定めます。