特長

特長

食物栄養学科 教育目標

 
食物栄養学科では、建学の精神「愛あれ、知恵あれ、真実あれ」に基づき、短期大学士(食物栄養学)の学位に相応しい専門的な知識・技術と豊かな人間性を兼ね備えた人材を育成します。
健康の維持や増進に役立つ食や健康に関する専門的な知識や技術を修得させ、それらを日常生活に活かすことをめざしてます。
豊かな人間性の育成では円満な人格や高邁な精神を備えさせ、適切な倫理観に基づいてバランスのとれた妥当な判断をくだすことをめざします。
これらに加え、状況に応じた献立作成や調理の方法などを修得させ、対象者に応じた適切な食生活をアドバイスできる栄養士を養成します。さらに学生一人ひとりが得意分野をもった栄養士をめざすことを推奨していきます。

育てる人物像

教育目標に基づき、学位授与に相応しい人物像および免許・資格取得に相応しい人物像を次のように定めます。

(1)学位取得(卒業)にかかわる項目
[態度・志向]
① 社会の一員として、社会の発展のために大学で学んだことを積極的に活用する態度を身につけている。
② 主体的に判断・行動し、よりよい人間関係や社会を築くための基本的な態度を身につけている。
③ さまざまな体験への意欲的な参加を通じて、創造性や発想力、豊かな感性を身につけている。
[知識・理解]
④ 歴史・文化・社会・自然に関する知識を深め、実社会に活用できる。
⑤ 食べ物と人の体に関する知識を深め、健康を育むための生活習慣を認識できる。
[技能・伝達]
⑥ 健全な食生活を営むたに必要とされる基本的な献立作成と調理技術を実践できる。
⑦ 日常及び職業生活にわたって必要とされる技能(情報収集・分析・評価の能力、数量的スキル、論理的思考力)を、適切に活用できる。
⑧ 自らの考えを明確に表現し、他者と適切にコミュニケーションすることができる。
[総合・統合>
⑨ 獲得した知識・技術・態度等を総合的に活用し、新たな課題を自ら立て、解決する方法を示すことができる。

(2)免許・資格取得にかかわる項目
[栄養士免許]
◇対象者に合わせた献立の作成や減塩などの調理方法の工夫を活用し、適切な食生活をアドバイスできる。
[フードスペシャリスト資格認定試験受験資格]
◇食品流通・消費や食のコーディネートに関する知識や技術を活用できる。
[フードサイエンティスト資格]
◇食品産業において必要とされる食品加工や品質管理の知識を活用できる。
[栄養教諭二種免許]
◇学校での食育を充実させ、学校における食育を家庭や地域にも発信できる。
[中学校教諭二種免許(家庭)]
◇生活の自立に必要な衣食住に関する必要な知識や技術を生徒へ指導できる。
[社会福祉主事任用資格)]
◇日常生活において支援や介助が必要な人に対する生活を維持・向上させるための事業や制度の基礎的な知識を身につけている。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

食物栄養学科に2年以上在学し、学科授業科目より総合教育科目12単位以上、専門科目50単位以上を含み70単位以上を修得した者は育てる人物像の学位取得にかかわる項目を満たした者として、短期大学士(食物栄養学)の学位を授与します。

免許・資格取得の要件

学位授与の方針を満たしたうえで、それぞれの教育課程に定める科目の所定の単位を取得した者には、免許・資格ごとの育てる人物像を獲得した者として、該当する免許・資格の授与あるいは申請に必要な証明書を発行します。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

食物栄養学科では、ディプロマポリシーおよび免許・資格取得の要件に基づき、カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)を次のように定めます。

(1)教育課程編成の方針
総合教育科目、専門教育科目を設定し、それぞれが有機的に連携し、系統的に学修できるようにカリキュラムを編成します。
総合教育科目は、グローバル社会、情報社会に適応できる基本的な態度や基礎的な技術、また幅広い知識や心の豊かさを身につけるため、コモンベーシックスとして「外国語」、「情報処理」、および「キャリア設計」の3つの領域、教養科目として「人間の理解」、「現代社会と国際理解」、および「科学技術と環境の理解」の3つの領域を設置します。
専門教育科目は栄養士課程のほか、食に関する高度な専門知識や食品関係企業など社会の多様なニーズに応えられる人材育成のため、フードスペシャリスト課程、フードサイエンティスト課程、中学校教諭二種免許(家庭)課程、栄養教諭二種免許課程、社会福祉主事任用資格に関する科目を設置します。そのほかに、大学での学びに速やかに移行するための導入教育科目を設置します。さらに、自ら課題を立て解決にあたり、説得する能力を身につけるために、卒業研究に関する科目を設置します。

(2)教育課程実施の方針
食物栄養学科は、教育課程編成の方針に基づき、次の教育を実施します。

  1.  結果だけではなく考える過程を中心とした学生自身の答えを導き出せる学生主体の教育
  2.  専門的な知識や技術だけでなく、職業人としての態度や倫理観の育成も重視した教育
  3.  学生間の連携を深めさせ、自主的なグループ学習を促進する教育
  4.  コンセプトマップを活用しそれぞれの科目間のつながりを明確に示した教員同士の連携を強めた教育
  5.  学生とのコミュニケーションを大切にした学生の個性を尊重した教育

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

食物栄養学科は、育てる人物像を獲得した卒業生を社会に輩出するために、次のアドミッションポリシーに示した能力を有する者、あるいは今後それが期待できる者を入学者として受け入れます。

  1.  季節や地域ごとの特徴を活かした食事や食生活を大切にし、食に関する感性を高めたい人
  2.  人体の健康・栄養状態に見合った食事を提供し、人々の健康で明るく楽しい生活の実現に貢献したい人
  3.  現代社会が抱える様々な食や栄養の課題に主体的に取り組みたい人
  4.  社会のルールや人との約束を守り、専門職に必要な高い規範意識と倫理観を備えたい人
  5.  価値観や立場の違いに配慮し、周囲と協調・協働して行動したい人

※試験区分ごとの入学者受け入れの方針は別途定めます。