学生インタビュー

学生インタビュー

ボランティアが保育士をめざすきっかけに

福士 裕香(青森北高校出身)

私は高校のボランティア活動で保育園に行きました。ボランティアをしている時「子どもと関わる仕事って素敵だな」と思い、保育士をめざすため中短に入学しました。
授業はもちろん、行事、サークル活動もとても充実し、2 年間と短い学生生活ではありますが、内容の濃い生活を送ることができました。保育に関する勉強ができたことは、人間としての成長につながったと感じています。

子どもたちとの運動遊びからの学び

笹 朝賀(田名部高校出身)

私は多々のサークル活動に励んでいます。中でも障がい児サッカーサポートサークル(SSS)では、放課後に子どもたちとサッカーや運動遊びをし、座学では得られない学びや経験をすることができます。
保育者を目指すものとして、色々なことに興味関心を持つことは大切だと思うので、これからも様々な活動に挑戦して保育力を高めていきたいと思っています。

得意を増やして保育活動に活かす

長内 永児(五所川原農林高校出身)

私は、子どもにかかわる仕事に就きたいと思い、幼児保育学科に入学しました。入学当初は、やったことのないピアノをたくさん練習しなければならないと
思い、不安でしたが先生方が優しく指導してくださり、とてもスムーズにピアノを覚えることができ、自分の自信に代わりました。
これからもたくさん学び、得意を増やして自分の自信に変えて保育活動に活かしていきたいと思います。