学生インタビュー

学生インタビュー

飲食店経営の夢をかなえる為に

吉田 小雪(青森中央高校出身)

私は自分の飲食店を経営するという夢があります。青森中央短期大学では、食についてたくさん学ぶため自分の将来の夢にぴったりな学校だと感じました。
学校生活では、友達と一緒に課題をしたり、お昼を食べたりなどの時間はとても楽しく過ごすことができました。また、調理実習では基本から学べたり、作った経験のない料理に出会えたりなど、食に関心がある私にはとても刺激的でした。

産学官連携のお弁当作りに挑戦

西澤 瑞希(北斗高校出身)

私は食に関わる仕事がしたいと思い、食物栄養学科に入学しました。
入学当初は勉強についていけるか不安でしたが、高校で習っていない科目・自信のない科目は学び直しができるリメディアル講座で補うことができます。大学の授業で新しく学ぶ内容も多いので、高校で学んだ基礎を関連させてこれからも学んでいきたいと思っています。

課外活動から学ぶ『食を提供する喜び』

田子内 萌(久慈東高校出身)

授業で学べること以外にも今しか出来ないことに挑戦したいと思い、樹の実プロジェクトや企業と連携して行うお弁当作りなどの課外活動に参加しました。
この活動に参加したことで、青森の食についての新たな発見や、自分たちで考えたお弁当を実際に販売した際のお客様の笑顔を見て、食を提供して得る喜びを体感することができました。
様々な活動を通して学んだ『食を提供する喜びや楽しさ』を、今後働いていく中での糧にしていきたいです。