アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー

青森中央短期大学では、ディプロマ・ポリシー(学修成果)を獲得した卒業生を社会に輩出するために、下記に示した能力を有する者、あるいは今後それが期待できる者を入学者として受け入れます。

  1. 自分の夢を実現するために、努力を惜しまない人
  2. 新しいことにチャレンジすることで、自分の可能性を広げようとする人
  3. さまざまな人、社会、生活、文化、自然に旺盛な好奇心をもって関わろうとする人
  4. 高校までの学習を丁寧に積み重ね、更なる学びへの意欲や土台を持っている人

また、学科ごとの具体的なアドミッション・ポリシーについては、以下のとおりです。

食物栄養学科

食物栄養学科では、短期大学全体のアドミッション・ポリシーを念頭に、卒業後の自己の目標を明確に持ち、学科のディプロマ・ポリシーに掲げられている能力の獲得に熱意をもって取り組める人を望んでいます。加えて、高等学校での学びやさまざまな活動に積極的に取り組んだ人を求めています。入学者選抜ではアドミッション・ポリシーに基づき、受験者を多面的・総合的に評価します。

  1. 栄養学および関連領域の知識や技術を身につけ、社会の発展に貢献したい人
  2. 高等学校までの学習を活かし、物事の中から問題の本質を見極め、解決方法を考えることができる人
  3. 多様性を尊重し、互いの個性を生かして協働することができる人

幼児保育学科

幼児保育学科では、短期大学全体のアドミッション・ポリシーを念頭に、本学科にふさわしい入学者像を以下のように設定します。入学者選抜では、高校の学びの定着度合いを試すだけでなく、入学志望者ごとに今後どれくらい努力できるかという意欲を多面的・総合的に評価します。

  1. 保育者になるために一所懸命学び、子どもたちへ愛情を注ぎ教育・保育しようとする人
  2. 高校までの学びを確実にし、今後は自ら学び、何事にも向上心をもって行動することのできる人
  3. 自分の意志で社会やその人々と交流し、教育・保育の分野で貢献することのできる人

専攻科福祉専攻

専攻科福祉専攻では、短期大学全体のアドミッション・ポリシーを念頭に、本専攻にふさわしい入学者像を以下のように設定します。また入学者選抜では、教育目標に掲げる「対人支援のプロフェッショナル」を目指して、入学志望者ごとに今後どれくらい努力できるかという意欲を多面的・総合的に評価します。

  1. 介護福祉士並びに保育士を併せ持つ「対人支援のプロフェッショナル」を目指し、常に向上心を持ち、生涯にわたり自己研鑚に取り組む意志のある人
  2. 福祉や介護に関する諸制度や現状について学び、地域や社会のニーズ・課題の解決に挑戦できる人
  3. 自らの価値観を持ちつつ、他社の考えや心情を理解することに努め、積極的にコミュニケーションを取ろうとする人