理事長挨拶・建学の精神

理事長挨拶・建学の精神

理事長挨拶

学校法人青森田中学園理事長 石田憲久

理事長

学校法人青森田中学園は、戦後の復興がスタートした昭和21年、この青森の地に産声を上げ、地域の振興と発展とともに歩み、現在では、大学、大学院、附属研究所、短期大学、2つの専門学校、3つの附属幼稚園を有する学園となりました。
本学園の70年を越える歴史を脈々と流れているのは次の二つのことです。
第一に、地域と密着し、教養・文化の向上はもとより、地域の健康・福祉の充実及び地域産業の振興にいかにして貢献するかを常に問い、地域の要請に応え、時機に即した教育を具体的に展開してきたことです。
第二に、社会がいかに大きく変わろうとも建学の精神「愛あれ、知恵あれ、真実あれ」を一貫して堅持し、豊かな人間性・幅広い教養・高潔なる品性を基礎に高い専門能力と技能を身につけ、主体的生きる人間の育成を実践してきたことです。
これからも本学園は、地域にそして世界に更なる貢献をするべく歩みを続けてまいります。

建学の精神

本学の建学の精神は「愛あれ、知恵あれ、真実あれ」に要約され、校歌にうたわれています。
この「愛あれ」とは、キリスト教のアガペの愛に、仏道での慈悲の語であらわされるものに近く、いつくしみ愛する「慈愛」のことです。
「知恵あれ」とは、ものごとの識別に使われる知恵と、それを超える統合的な知恵を含んだ、すぐれた知恵「英知」あれということです。
「真実あれ」とは、ほんとうの世界をとらえることで、科学的知識・技術を超えての相対的でなく、絶対的な真理をとらえることをめざしなさいということです。
高い教養と専門的知識・技能・豊かな人格形成は「愛あれ、知恵あれ、真実あれ」が渾然一体となってなされるのです。
長い人生の中で、青年後期のアイデンティティを確立するのに大切なときに、本学の建学の精神にそった学生生活を送ることは、若人のロマンとチャレンジ精神で、楽しく明るい希望にみちた、将来の生涯学習への豊かな稔りに連なる日々となることでしょう。

The fundamental idea for the establishment of our college might be embodied in “Love, Wisdom, Truth”, as sung in the college anthem.
We could as well say that “Love” here is close to both ‘agape’ preached in Christianity and ‘mercy’, the uppermost doctrine of Buddhism.
“Wisdom” implies the one that is used when discriminating things as well as the other that integrates intelligences, Which surpasses the former.
By “Truth”, We mean the students to comprehend the true world and try for the absolute truth rather than the relative, scientific knowledge or the merest skills.
“Love, Wisdom, Truth” will harmoniously make a person of culture with professional knowledge and abilities warranted by his/her personality.
You are going to have a time of your adolescence when it is most important to fix up your own identity. If you could lead a happy campus life here according to our fundamental idea, your idealistic and challenging mind peculiar to the youth would come true.
We are quite sure your bright days full of hopes will no doubt result in rich fruits of life-long learning in the future.

画像:学章

雪解の山にさきがけて咲く
辛夷の花の白妙かざし
一愛あれ、知恵あれ、真実あれ-

北国の遅い春の雪どけと共に、春一番に咲くこぶしの花、その純白無垢な姿を雪の結晶と組み合わせてデザインしたものである