あなたの“できる”を見いだそう!

CHU-TAN食育プロジェクト「おむすび」

食物栄養学科と幼児保育学科の学生が、それぞれの専門性を活かし協同で食育活動を行っています。この活動は、学生自らが「人・自然・食・地域」の中で関わり合い、結びつく種となる食育活動を企画・実施します。

オリジナルソング&食育紙芝居などを作成し、小学校や保育現場等で「楽しい食育」を実践していきます。

O:驚き、機会(OCCASION)
M:結ぶ、伝える(MESSAGE)
S:自然、種(SEED)
B:日々、身体(BODY)

留学で異文化を学ぶ

海外留学を通じて、語学力を身につけたり、多様な文化や価値観を学んだりすることができます。留学先は、アメリカ・オーストラリアの他、韓国やタイなどのアジア圏からも選べます。期間は2週間から3ヶ月まで様々です。この体験は学業に、そして社会に出てからの活動に役立つでしょう。

郷土・青森の文化を学ぶ

「青森中央短期大学附属幼稚園子どもねぶた」に囃子と手踊りで参加します。
ねぶた祭運行に参加するため、学生は授業で青森の郷土と文化について学び、囃子・手踊り等、それぞれ役割を分担して練習に励みます。

ミュージカル

授業で学んだ音楽のアレンジや演奏、大道具・小道具、衣装の制作、創意工夫の身体表現など、各自の得意分野で主体的に創作活動をし、それらを1つの作品にまとめたステージを披露します。

表現活動の集大成となるミュージカルに全力で取り組んでいる姿をぜひ見に来てください。

レシピ開発

企業や公共団体からの依頼を受け、食物栄養学科の学生がレシピの開発を行っています。開発したレシピは、本学カフェテリアのメニューとして提供されたり、小売店でお弁当として販売されたりするなど、成果として形になります。企画・考案から商品化するまでの流れを学ぶことで、食の専門家としての意識を高めます。