保育者の仕事

<子どもたちと過ごす毎日は、笑顔になれることがいっぱい>

倉内 葵さん(青森商業高校出身 青森中央短期大学幼児保育学科 H24年3月卒業)

私は幼児保育学科をH24年3月に卒業した後、現在は保育教諭として青森中央短期大学附属第一幼稚園型認定こども園で 働いています。

私が保育者としての進路を決めたきっかけは、短大での実習でした。幼稚園・保育園での実習はとても充実しており、子どもと関わる楽しさを体験を通して知ることができ、保育者になりたいという思いが一層強くなりました。

保育の仕事は日々色々な業務に追われて大変と思うこともありますが、子どもの成長を近くで見守り、子どもたちと過ごす毎日は笑顔になれることがいっぱいです。出来なかったことが出来るようになった瞬間の子どもの笑顔、嬉しさや「先生、大好き!」「ありがとう!」と言ってくれた時など、この仕事でしか味わうこと ができないものはたくさんあります。

身体を動かしたり、物を作ったり、音楽が好きな方、そして子どもが大好きな方、子どもにとって初めての集団の場となる 現場で、素敵な保育者として働いてみませんか?