特長

特長

専攻科福祉専攻 教育目標

専攻科福祉専攻では、建学の精神「愛あれ、知恵あれ、真実あれ」に基づき、介護福祉士に相応しい知識・技術・品格を備え、介護を必要とする幅広い人々に、身につけた知識や技術を提供できる介護福祉士を養成します。「尊厳を支える」という目的のもと実践される生活支援の力、「自立支援」「利用者本位」の視点で、理論と実践が融合された介護の展開、一人ひとりへ目をむけ、かつ地域社会全体を捉えた包括的ケアの実践ができる能力を養います。

育てる人物像

教育目標に基づき、修了認定に相応しい人物像および資格取得に相応しい人物像を次のように定めます。

(1)修了認定および介護福祉士資格にかかわる項目
[態度・志向]
① 向上心を持ち、生涯にわたり介護福祉士として研修・研鑽を行う意欲・能力を身に付けている。
[知識・理解]
② 職業倫理と人権擁護意識を見につけるとともに、介護福祉の意義が理解できる。
③ 介護福祉士としての専門的知識を持ち、他職者と連携してチームケアが実践できる。
[技能・伝達]
④ 自らの考えを明確に表現し、利用者や職種間に対する円滑なコミュニケーション方法を身に付けている。
[総合・統合]
⑤ 獲得した知識・技術・態度等を総合的に活用し、新たな課題を自ら立て、解決にあたることができる。

ディプロマポリシー(修了認定の方針)

専攻科に1年以上在学し、53単位以上を修得した者は育てる人物像を満たした者として、介護福祉士養成課程修了証明書を授与します。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

<教育課程編成の方針>
専攻科福祉専攻は、専攻の教育目標を達成するために修了認定の方針(ディプロマポリシー)に基づき、介護福祉士国家試験受験資格を得るための教育課程を編成し、国家試験合格に必要な知識・技能を修得させます。

<教育課程実施の方針>
専攻科福祉専攻は、教育課程編成の方針に基づき、次の教育を実施します。
① 少人数による、きめ細やかな技能・技術の実践
② 介護予防・リハビリテーション・医療的介護・看取りまで幅広い介護福祉分野を学ぶ機会と実習の場の提供
③ 保育士としての基礎を通し、介護福祉士の学びの中で、課題の探究とその解決能力及びプレゼンテーション力を育てる教育
④ 国家試験に必要な知識を修得したかを図るための「卒業時共通試験」の実施

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

専攻科福祉専攻は、育てる人物像を獲得した卒業生を社会に輩出するために、次のアドミッションポリシーに示した能力を有する者、あるいは今後それが期待できる者を入学者として受け入れます。
① 介護を学ぶために必要な基礎的学力とコミュニケーション能力を有している人
② 進んで学習する意欲があり、介護福祉士を目指す強い意志がある人
③ 協調性と他者を思いやる気持ちがあり、最後まで努力を惜しまない人
④ 誠実で責任感があり、自ら進んで行動できる人