学生インタビュー

学生インタビュー

保育者をめざした学び

私は、幼い頃から自分より年下の子の世話をするのが好きでした。保育者になりたいという夢を追いかけ続け、青森中央短期大学幼児保育学科に入学しました。そして2年間の中で実習も行いました。実習では、大学で学んだ子どもの発達段階を頭に置き、実際の子どもの姿はどうであるかを観察しました。そして、その現場からの学びを基にして指導計画を作成し、実践しました。同時に、実際に現場で実習することで、これまで気づくことのできなかった子どもの姿や行動を見ることができたり、現場の保育者の姿から、その場に適した声かけや行動を学んだりすることができました。この経験を通して、自分に足りないことや継続して取り組むべきことを見つけることができました。2年間頑張り続けることができたのは、「保育者になりたい」という強い思いがあったからだと思っています。武田 菜那(秋田県大館桂高校出身)

オリジナルな存在感を感じられる

講義中に手遊びやペープサート、読み聞かせ等の実演を行う他に、指導計画を立てることが多々あります。その中で、子どもの発達段階に合わせて保育を考え、自分の保育を展開することは難しく大変でした。しかし回数を重ねていくことで、子どもの発達や成長のために、責任感や緊張感を感じながらも、私自身楽しみながら取り組めるようになりました。

熊谷 侑香(青森商業高校出身)

同じ夢を持つ仲間と一緒に

本学では、保育に関する授業だけではなく、保育分野で専門的に活躍する先生方のもと、特別研究などでさらに学びを深めることができます。大学生活を通して、私は保育、福祉に関する興味を深め、入学当初とは違った考え方を持つことができるようになりました。そして、自分の考えを仲間に、仲間の考えを自分に伝えあい、お互いに成長できる学校生活を送っています。

花田 匠(高卒認定)

幼児の目線に立ち実際に楽しさを体感する

造形の授業で行なったワークショップでは、子ども達が作品づくりをする前に、一度私達自身が制作を行いました。その時、幼児の目線を実感し、それを基に保育活動をどのように展開していくのかを考えました。子ども達が楽しそうに活動している姿を見て、保育者自身が楽しみ、活動を展開していくことが大切だということを学びました。

舘田 伶奈(弘前東高校出身)