学生インタビュー

学生インタビュー

栄養士をめざした学び

和田 美咲(青森西高校出身)
私は料理をただ作るだけではなく、ライフステージに合わせた食事を作れるようになりたいと思い栄養士になろうと思いました。本学では栄養士の資格だけではなく様々な資格を取ることが出来るのが魅力的だったので入学を志望しました。
授業には様々な種類があり、高校の時に知らなかった知識をつけることが楽しく感じました。中でも実習が楽しく、班で協力して献立を作成したり、実際に作って発表し合ったりするため、お互い成長することができ、やりがいを感じられます。またテストは難しいものが多いですが、放課後に友達と集まって問題を解き合ったりすることもあるため乗り越えることができます。
授業以外にも運動会や文化祭など楽しい行事がたくさんあり、充実した学校生活をおくることができます。
将来は学んだことを活かして、自分の考えを行動に移すことができる栄養士になりたいと思います。

産学官連携のお弁当作りに挑戦

沖沢 あずさ(三沢高校出身)
私は、やりたいと思っても遠慮してやらずに後悔することが多かったので、大学では今までできなかったことに挑戦しようと思い、産学官連携のお弁当作りやボランティア活動に参加してきました。普段は関わることがない学部学科の学生や地域の方とのふれあいを通してたくさんのことを知り、実習や学校の活動でもその経験を活かすことができました。また、学外の活動をすることで、笑顔で過ごすことが多くなったと感じています。

食育プロジェクトに参加

山口 みずほ(青森商業高校出身)
食の大切さを伝えたいと思い、食育プロジェクトに参加しました。幼児保育学科と連携して紙芝居や食育ダンス&ソングをイベントで発表し、楽しんでくれたり、きちんと理解してくれたりしたことが一番印象に残っています。この活動を通して、食育をわかりやすく伝えようとすることなどを学ぶことができました。また、他学科との関わりでコミュニケーションや積極的に人と関わることで栄養士として今後、将来を考える良いきっかけになりました。

様々な出身地の人と友達に

小野寺 布葵(岩手県久慈東高校出身)
食物栄養学科の授業では班行動が多くあり、様々な出身地の人と友達になることができました。さらに、私はこぶし会館に入館していたため他の学科の人とも仲良くなることができました。寮に入館していてよかったことは、大学で出た課題を友達と一緒に行うことができたことです。さらに、雪が多い冬には朝早くに除雪作業が行われていることに加え、学校の敷地内であるため学校に通いやすかったです。友達と一緒に買い物に行ったり、レンタカーを借りて遠くに遊びに行ったりすることもできたのでとても楽しかったです。