TOPICS

【幼児保育学科】キャンパスの自然で「森のお弁当をつくろう!」(2019)

幼児保育学科1年生の「保育と青森(表現)」では、音楽と造形の2つの視点で実際に体験しながら、保育における表現についての指導法について学んでいく授業です。
造形分野では「子どもたちに造形の楽しさを伝える」ようになるための授業で、美術や図画工作が苦手と思っている学生でも仲間と一緒に楽しく取り組むことができます。

2019年6月1日、「森のお弁当をつくろう!」をテーマにキャンパスのビオトープ付近の草花を使用した、お弁当づくりの授業を行いました。

幼児保育学科の学生たちは、いろいろな草花や樹の実を集めて思い思いの「森のお弁当」を作りました。

前のページに戻る