TOPICS

【食物栄養学科】1年生が応用栄養学実習の授業で高齢者向けのおやつを作りました

食物栄養学科の1年生が応用栄養学実習で高齢者向けのおやつを作りました。

一人一人がどういうおやつが高齢者に喜ばれ、食べやすいかを工夫しながらレシピを考え製作し発表しました。

特別養護老人ホーム三思園の管理栄養士の方にも来ていただき、高齢者の食事の固さや形状、大きさなど実際に気を付けていることについてのお話やおやつの講評をしていただきました。

また、食物栄養学科では、三思園で手作りおやつの提供も行っています。今回の授業のレシピを用いて来年度の手作りおやつの提供を行う予定です。

 

青森中央短期大学では、食育で青森県を元気にする大学を目指しています。

前のページに戻る