TOPICS

【公開講座】青森中央短期大学公開講座 開催レポート

シニアのための健康づくり講座(平成30年10月27日)

平成30年度青森中央短期大学公開講座「シニアのための健康づくり」と題して、幼児保育学科の鈴木寛康准教授が講座を行いました。講義では日常生活で必要な運動機能を維持・向上するためのトレーニングにおける適切な負荷のかけ方などについて解説があり、後半の実技ではヨガマットやバランスボールを使ったお家でできるトレーニング方法を実践しました。

日常を楽しむデッサン教室(平成30年9月7日~平成30年10月26日)

平成30年度青森中央短期大学公開講座「日常を楽しむデッサン教室~デッサンのキソの基礎講座~」を開催しました。幼児保育学科の立崎博則講師が担当するデッサン教室は今年で6年目になります。今年度のテーマは「デッサンのキソの基礎講座」と題し全5回開催ました。鉛筆の削り方から、グラデーションの作り方、線の重ね方などデッサンのキソの基礎から解説し、最後には自分の手をモデルにした人体デッサンに挑戦しました。

親子講座「ビオトープで遊ぼう」(平成30年7月21日)

平成30年度青森中央短期大学公親子講座「ビオトープで遊ぼう」を開催しました。講師は青森中央短期大学幼児保育学科の清多英羽准教授、そしてビオトープサークルの学生たちがアシスタントを務めました。
可愛らしい子どもたちと、保護者の方、ビオトープサークルの学生たち総勢40名近くが、蝉や虫を捕まえたり池のメダカやアメンボを観察して元気いっぱい、楽しい時間を過ごしました。
自然に溶け込む子どもたちの笑顔は地域の宝物です。又、遊びに来てくださいね!

SESSIONS ON THE ARTS 2018(平成30年6月30日)

平成30年度青森中央短期大学公開講座SESSIONS ON THE ARTS2018「伝統という日常 時と人を編む~成田貞治『津軽こぎん刺し』を語る~」と題して、弘前こぎん研究所代表取締役の成田貞治さんにご講演いただきました。講座ではこぎんの歴史や種類についての解説があり、伝統を未来に残すための取り組みや思いについてお話しいただきました。

食の安全って?正しい知識で賢く選ぼう!(平成30年6月9日)

平成30年度青森中央短期大学公開講座 第1回「食の安全って?正しい知識で賢く選ぼう!」と題して、食物栄養学科の清澤朋子准教授が講演を行いました。講座では食品添加物を例にした食の安全の基本的な考え方、新しい食品表示制度の解説から食品表示の見方のポイントについてお話ししました。

 

前のページに戻る